読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◯認知

・認知発達

これまでの心の科学。

・意識こそ心なり:ヴント

・行動こそ心なり:スキナー・パブロフ

・無意識こそ:フロイト

・認知:チョムスキー生成文法理論・ピアジェの発生的認識論(認知発達論)

認知の発達に重要なことは、表象の形成。目の前にあるものだけでなく、脳の中で再現される情報によって行動が成立すれば、それは表象を用いていると。知覚表象が言葉等の記号に置き換え、脳の中で操作される時、認知が高度に発達したといえる。認知とは環境についての情報を得て、環境(物理的環境・社会的環境)に働きかけることであり、他者に対して因果的に働きかけるために必要な社会的認知も認知の対象である。

 

・認知の処理

トップダウン処理:これまでの知識や経験、期待などをもとに外部の情報を処理していく処理方法。(暗闇の森で動くものはヘビだと思った)

ボトムアップ処理:明確な刺激・情報を低次(パーツ認識)から高次(統合)レベルに進んでいき、最終的な情報処理に至る方法。

=私たちの認知は、この2つの処理が同時に行われていると考えている。それが優先か濃度の話である。

 

メタ認知

私たちの認知(知覚、記憶、学習、思考)の様々な過程に関する知識や信念のこと。

例えば、私は忘れっぽい、私は知らない、思い込み、言い間違いの修正、感情に対する認知(今はきっとうまくいかない)

モニタリング:目標達成のために、ムダな行動を制御しようとする側面。目標までの道筋に適切かどうかをチェックし、計画や活動の修正を行う。

 

メタ認知の発達

基本的に5.6歳頃から機能している。ごっこ遊びなどで、適宜ルールを変更したり、言い間違えて自分で修正出来たり。

記憶をうまく行うには記憶すべき対象や自分の記憶状態に応じた方略を用いる、モニタリングの必要がある。その方略や記憶の発達には、メタ認知の発達が欠かせない。

 

・認知スタイル

何をするか、どのくらいするのかではなく、どのようにするかが認知スタイル。

認知スタイルには、いくつかの型がある。

・場依存型ー場独立型(ウィトキン)

場依存:自分の見える手がかりだけに影響されやすい人ー他者の意見に影響されやすい

場独立:自分の身体感覚に従って判断出来る人ー影響されにくい

・熟慮型ー衝動型

熟慮型:課題は遅いが正確性がある。発達度が高い

衝動型:課題は早いが正確性がない。幼い

=認知スタイルは、社会や文化の価値の置き方でも変わる。