◯発達2

・発達の最近接領域(ヴィゴツキー)

同じ年齢群でも、課題の遂行率が異なる場合がある。

知的発達の2つの水準:自力で解決出来る水準+他者からの援助や共同によって達成が可能な水準=両者のずれの範囲を発達の最近接領域という

 

エリクソンの心理ー社会発達8段階

社会からの要求と、自己の適応という心理学観点から発達課題を考える。

発達課題=社会から生涯に渡って投げかけられる要求のこと。

乳児期~基本的信頼vs不信

幼児期前期:自律vs恥・疑惑

幼児期後期:自主性vs罪悪感

学童期:勤勉性vs劣等感

思春期:同一性vs同一性拡散

成人期:親密vs孤立

壮年期:世代性vs自己陶酔

老年期:統合vs絶望