読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理検査について②

◯テストバッテリーについて

・テストバッテリーの目的

 ・1つの検査では測定できる範囲は限られているため、複数の心理検査を用いて、Cl.のパーソナリティを多面的に理解するため。

・種類と注意

 ・基本的に2,3種類が一般的とされている。

 ・数が多いだけの実施は、被験者にかかる負担や侵襲性の問題がある。

 ・テストを行う順番も関係するため、被験者の特性や受験態度を、予め理解しておく必要がある。

 ・検査に対するすべての負担を取り除くことはできないので、最小限に留めつつ、避ける事ができないストレスに対する反応も大きな情報となる。

 

→なにより大切なのは、実施している検査や検査項目が、何を測定しているのかをしっかり把握していることである。理論や基礎を考慮しながら検査を行うことで、質問段階や行動観察のムダを省き、被験者の負担を減らし、有意義な観察所見を描くことが出来る。