書評

第2章 こころに出会うこと―聴くことの目的

・こころに出会う・触れることの難しさ 傾聴の目的:Cl.のこころに出会う・触れること 共感と受容もこころに出会ってはじめて発揮されるもの 親しみのない知的な聴き方では、こころに出会うことは達成されない ・知的な認知、知的な理解という「かのような理…

第1章 こころの臨床の基本―共感と受容

○共感とは。受容とは。 臨床家にとってClのこころに共感し、受容することは、不可欠であり、協働をするものとして成立するための基本条件。 ・ただ黙って話を聴くこと? たしかにスタートとしては、そこから始めてもいいかもしれない。できるだけ黙って口を…

「耳の傾け方」こころの臨床家を目指す人たちへ

行動や振る舞い、知覚や思考、感情はこころから派生しているもので、その行動や思考、情緒やフィーリング(感じ)をその人の主体的な思いに収斂していくことがこころを理解するということ。 私たちは話し手ではなく、まず聴き手なのである。耳を傾けること。…